「ちぃきちぃき」に関する
お問い合わせは
TEL:6802-4084
FAX:6802-4085
info@tixikitixiki.com
まで
ひととき保育方南に関する
お問い合わせは
NPO法人 ちぃきちぃき
TEL:6802-4084
FAX:6802-4085 mail:info@tixikitixiki.com
まで
予約受付時間 月〜金(10時〜15時)
親子リトミックに関する
お問い合わせは
TEL:070-6456-7588
mail:rythmi-y@pdx.ne.jp
まで
Sweets with mamaに関する
お問い合わせは
NPO法人
ちぃきちぃき
TEL:070-6450-2965
hako-chan1212@pdx.ne.jp
まで
ちぃきちぃきカフェ関する
お問い合わせは
NPO法人
ちぃきちぃき
TEL:6802-4084
FAX:6802-4085
info@tixikitixiki.com
まで
ボランティアも募集中です。
おもちゃ図書館関する
お問い合わせは
TEL:070-6456-0048
(瑠璃川)
mruri@pdx.ne.jp
まで

親子リトミックとは〜ママやお友達と楽しもう♪

リトミックってどんなもの?

皆さんはリトミックについて、どんなことを知っていますか?
今や幼児教育には欠かせない分野として、保育園や幼稚園でも数多く取り入れられていますし、小さなお子さんをお持ちのお母様方なら一度は耳にしたことがあるかと思います。
でも、実際にリトミックとは何なのか?そしてどんなことをするのかはあまり知られていないのが現状のようです。
そこでなるべくわかりやすいようにまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

<リトミックとは何でしょう?>

リトミックはスイスの音楽教育家・作曲家であるエミール・ジャック=ダルクローズ(1865−1950)によって創られた音楽教育法です。
もともと音楽学校の教官だったダルクローズは「学生の音楽的センスを高めるためにはどうしたら良いのか」を試行錯誤して、リズム運動をすることで、音楽と身体の動きを一致させようと試みました。
そしてその活動の目的が「全ての人間の精神を豊かに育て、より良い人間性を培うものである」(ダルクローズ)ため、今日の日本では幼児教育のみならず、障害児や、高齢者の方々にも積極的に取り入れられています。
ちなみにリトミックの語源は「Eurhythmics−良いリズム」です。

<リトミックではどんなことをするのでしょうか?>

よくリトミックとダンスの違いは何かと問われますが、どちらも身体を使って表現するものです。
しかし、ダンスでは身体的なトレーニングが必要になるのに対し、リトミックでは誰でも持っている身体の動きを通して音楽を楽しんだり、感じたりすることにより、音楽的センスを高めるものです。
要するに、リトミックは音楽をより良く理解するために、身体の動きを用いるものです。
具体的には指遊びや手遊びから始まって、音やリズムの変化にすばやく反応する(即時反応)ことや、身近にあるものの模倣などを通して、身体で音楽を感じる経験をたくさんすることが大切になります。また、あらゆる人々(幼児、小学生、音楽学生、高齢者、障害をお持ちの方々など)に応じて、様々な方法が考案されていますが、どんな場合でも、音楽を理解したり、学ぶために身体の動きを伴うものであれば、それはリトミックといえるのではと思います。
ですから特別に難しいことをするのではなく、手遊び・リズム遊びも立派なリトミックとなります。

<リトミックをすることによってどんなことが身に付きますか?>

 上記でも述べたように、リトミックは音楽的センスを身に付けるためのものです。
しかしそれだけではなく、幼児の発達にとても良い影響を与えるということで、教育の中で活用されています。
例えば、身体を使ってあらゆることを表現することで、表現力、想像力、創造力が身に付いたり、音楽や合図を聞き分けて、即座に反応することができたり、集中力が身についたり、音符で数の概念が理解できたりといったことです。
けれどもそれはあくまでも、音楽を通して、楽しく自然に身に付くことができるというすばらしい教育法なのです

<何歳からはじめるのがよいのでしょう?>

理想的には3歳くらいからがベストだと思います。
それは先生の言葉を理解して充分にコミニュケーションが取れる年齢だからというのが理由です。
しかし、人間は6歳くらいまでに、様々な基本的能力のほとんどが形成されてしまうと言われています。
この大切な時期に、いろいろなことを吸収させるという意味では、3歳以前に体験させることも良いかと思います。
ただ、1・2歳では自発的に活動することは難しいので、あまり子どもには大きな期待を抱かずに親子で楽しむ事が重要です。
この時期のいろいろな体験が蓄積されて、3歳くらいから徐々にその成果が現れてくるでしょう。

<親子で楽しむちぃきちぃきのリトミック>  

小さくてまだひとりでは思うように活動できないお子さんにとっては、お母さんの手助けは必要不可欠です。
それはリトミックに限らず、生きていく上でも、毎日の生活の中でお母さんの模倣をし、手を借りることでかなりのことができるようになるのと同じことです。
ですから、親子リトミックでは、まずお母さんが音楽を感じ、楽しむことがとても大切です。
子どもたちは、楽しそうにしているお母さんの様子を必ず感じ取っています。
歌を歌ったり、踊ったりすることが恥ずかしかったり、苦手という方もいらっしゃるかと思いますが、子どもの前で構えていては何も出来ません。自分を解放して、童心にかえったつもりで楽しみましょう。
そして優しくリードしてあげたり、時にはそっと見守ってあげたりと、お子さんの様子をよく見ながら接してあげて下さい。
よく「うちの子はまるで興味がないようでまったく参加しないのですが・・・」といった声を耳にします。そんなお子さんでもちゃんと耳や目を働かせて、興味のあるものの時はしっかりと参加していたりするものですので、心配はいりません。
リトミックの時間には全くみんなと一緒にやらないのに、家に帰って歌ったり踊ったりしているというお子さんも案外多いようです。
やらないからと言って無理強いをしたり、あきらめてしまわないで、根気よく長い目でみてあげることが大切です。
現代は何でも急いで結果を求めがちですが、あせらずゆったりといきましょう。
また普段子どもとどう触れ合ったらよいかわからないというお母さんにとっても、親子でスキンシップを楽しむリトミックの時間はとても有意義だと思います。

まずは難しいことは考えずに、親子で楽しみましょう!
                       (文:中島陽子)

すぎなみ学倶楽部

なみすけブログ